人気ブログランキング |
風景
今日は写真の相談に来られた方がいたのですが
話しをするうちになるほどな、ということがありました
その方を含めて、写真教室では風景や建物(旅行先)を綺麗に撮りたいという方が
たくさんおられます
で、実際撮ってこられた写真を見て、僕からは特に問題ない写真である事がよくあります
しかしながら本人は、何が悪いかはわからないけれどダメだというのです
要は自分の目で感動した感覚と写真が全く違うという事なのですね
人の目は実際はかなりの広範囲を感じながら観てます
広角ですね
また、全体を視野に入れつつも屋根の飾りや壁の装飾などいろんなところに視線は行きます
望遠ズームですね
これを上手く表現するには、映像のほうがいいのではと思いました
ブワッと全体をパンして、レポーターの驚きの表情をとらえ
細かい部分のアップを入れて、みたいなことのほうがしっくり来そうです
もし写真でやるなら、寄りや引き何カットか撮る事で表現するしかないのでしょうが
あと、もうひとつ言える事は良い写真は大きくして見るということです
どんな迫力のある写真もカメラに付いているモニターなどで観たのでは伝わりません
iPhoneやカメラのモニターで見るのではなく、せめてパソコンで見る習慣が大事かもしれません
PS.写真は先日撮影した伍々慧さんのもの
あんまりたくさん公開すると怒られるのでこれで最後にします
これが僕の一番のお気に入りです
f0092174_21584675.jpg

by runningtoto | 2015-01-31 21:58
<< 落とし物 gogo! >>