<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
キティ
明後日引っ越しなのに準備がなかなか進まない
なので気晴らしにブログを書いてます
今のところより少し狭くなるので持って行くものの選別をしなければならないが
これに随分手間取る
いままでサボって来た証拠だな
掃除をしていると懐かしいポジが1枚出て来た
どうやら自家製のようなキティちゃんの抱き枕
どこか忘れたあるところで粗大ゴミと共に捨てられていた
かわいいはずなのに不気味なたたずまいを感じてシャッターを切った
きっとお母さんが子どもに作ったものだと思うのです
もう大きくなっていらなくなってしまったのでしょうか
心理学的には捨てる事は新しい事が入る場所を作る事なので
悪いことでは決してないのですが
なんだか寂しい気持ちにもなります
f0092174_1433726.jpg

[PR]
by runningtoto | 2015-02-21 01:43 | Trackback | Comments(0)
悼む
先日、我が心の師匠、浜村淳さんの撮影をしました
映画「悼む人」についてのインタビューでした
浜村さんは4回も見たと仰っていて、絶賛されていました
というわけで見に行ったのですが、なかなか良かったです
平日の夕方とはいえ観客が一桁というのは寂しい限りでしたが
あまりストーリーには触れずに書きますが、うーんというところもありました
記者の抗太郎や大竹しのぶ演じる静人の母巡子はよかったのですが
どうも石田ゆり子演じるヒロイン奈儀には感情移入できなかった
それと主人公、静人の覇気のない無表情な感じ
その理由を小説ではひょっとしたら描いているのかもしれないけれど
また、悼む旅をするきっかけもどうも弱く
いまいちキャラクターが入ってこなかった
ひょっとしたら、もう何度か見たら色んな事が見えてくるのかもしれませんが
洞窟のシーンなどいいところはたくさんありましたし
大竹しのぶは流石女優、すばらしかった
悼むという行為に対する疑問の答えがヒロイン奈儀倖世の行動に現れていたと感じました
しかし単純にもうすこし静人に僕的には男になってほしかった
その成長を見たかった気がする
シャドウがつぶれるとか気にせずにアンダー気味に撮影した映像はよかった
PS、もうすぐ公開になるクリン・トイーストウッドの映画が気になる
早くみたいなあ
f0092174_4241751.jpg

[PR]
by runningtoto | 2015-02-18 04:24 | Trackback | Comments(0)
添加物
何がきっかけかは忘れたけれど、外食産業の本を読んでそのあと添加物の本を読んだ
添加物に関しては普段今まで自分が考えていた事とかなり違う現実が見えて来てびっくりした
自分が比較的安全でないかと考えていたもの、
コンビニのおにぎり、お漬け物、カマボコ等の練り物に実は多くの添加物が使われている事に驚いた
なるべくマクドや牛丼、コンビニ弁当などを食べないようにはしているけれど
もはや少しでも加工してあるものはほぼ添加物が加えられていると言っても良いのではないでしょうか
日本に生まれたのだしもうよっぽど特別な暮らしをしない限り、添加物から逃れる事は不可能だろう
食は快楽でもあるけれど、体を作る要素でもあるし
変なものを体に入れたくない気持ちがある
街中で一人暮らしをしていて、米と畑で取れた野菜とみそ汁をご飯にするのは難しい
でも勝手に入れられた薬品をどんどん体に取込むのは悔しい
なるべく避けるということしかできないけれど、少しは自衛したい
今日はスルメイカを焼いてビールを飲んだ
うまい棒10本たべるよりはマシかな?
f0092174_1122254.jpg

[PR]
by runningtoto | 2015-02-15 01:12 | Trackback | Comments(0)
ピケティ
Eテレ、白熱教室のピケティ教授がおもしろい
今ちまたを騒がせているピケティ教授ですが、本はまだ読んでいません
税務調査から労働所得と不労所得とをこの300年間調べたそうで
特にアメリカの話しが面白かった
移民の国アメリカは初期の頃(白人のはなしだけれど)だれもに土地を持つ権利があって
イギリスやヨーロッパより資本がまんべんなく分散していたが
今は上位1%が40%の資産を持っている超格差社会
おもしろいなあと思ったのは労働所得の差より断然不労所得の差のほうが大きいということ
経済学とか自分には全く関係ない難しい物と思っていたけれど
歴史的に人の生活として考えてみると面白い
ピケティ教授の本は分厚過ぎてとても読めないけれど
f0092174_22415721.jpg
f0092174_224294.jpg

[PR]
by runningtoto | 2015-02-08 22:42 | Trackback | Comments(0)
落とし物
中学生の頃のお友達と久しぶりに飲んだ
昼からジャンジャン横町で一杯ひっかけて、そのあと阿倍野ハルカスへ
初めて登ったハルカスは相当高い
僕も高いところは苦手なのだけれど、お友達はさらに苦手みたいでガラス窓ににはあまり近づかなかった
そのあと天六で飲んでいた時に、友達があれっ?と言い出した
携帯を失くしたらしく、幾ら探しても出てこない
もう一台の会社の携帯で奥さんに電話会社に連絡してくれるようたのむ
そのあと再び、あれっ?と言い出した
どうやら家の鍵もないらしい
これは問題だと、ジャンジャン横町の店やハルカスに電話してみるが見つからない
次の日親切な人が届けてくれたらしくJR天王寺駅でどちらも出て来たらしい
心配したけれどよかったよかった
しかし、よく飲んだなあ
f0092174_23571883.jpg

[PR]
by runningtoto | 2015-02-03 23:57 | Trackback | Comments(0)