<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
暑中お見舞い申し上げます
今日は大阪は天神祭です
しかし暑い
暑いのに体重は減らない
ビールの飲み過ぎだろうか
8月は必ず何キロか落としてみせる
頑張れ俺
f0092174_12335185.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-25 12:34 | Trackback | Comments(0)
赤子
高校の頃からの友達に長女が生まれたので見て来ました
僕は汗だくのTシャツだったので抱かしてもらうとかはやめておきましたが
生後一ヶ月の赤ちゃんというのは見ていて面白い
足の指がなんかつかめそうな手に少し近い感じがしました
顔は奥さんの方に似ていてかわいらしかった
旦那(僕のツレ)に似ていたら気の毒だったけれど、セーフですな
日々変化する赤子との生活を忙しくも楽しんでいるようでした
よかったよかった

f0092174_237027.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-22 02:36 | Trackback | Comments(2)
善人
今日は日記らしい日記です
近所の歩道を歩いていると歩道の角と言うか端のほうに
あぐらで座った男性がいました
うなだれた初老に男性の目線には路上に置かれた1枚の紙がありました
封筒より少し小さい白い紙には、赤のマジックで「善人」とだけ書かれてありました
一体どういう事なのかわからず通り過ぎましたが
帰りにはもうどこかへ行ってしまわれたようでした
f0092174_0422817.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-16 00:42 | Trackback | Comments(2)
わ手
先日、神戸のギャラリー島田さんに元永紅子さんの展覧会を見に行ってきました
紅子さんの作品は何度も見ているのですが
ジュエリーを見ているとがなんだか僕に似合うような気がして
思わず写真を撮ってしまいました
とても似合うような気がして気に入りました
一瞬、男をやめてしまおうかと思いましたが
みんなの説得もあって思いとどまりました
というわけで今回は僕の手ですが、写真はギャラリーの方に撮っていただきました
f0092174_1224376.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-10 01:22 | Trackback | Comments(4)
うちのたまご
僕は卵好きで別に有名でもないのだけれど
博多駅の中にある「うちのたまご JR博多駅構内直売所」、行きたかったなあ
諸事情でいけなかったのだけど
ここは基本卵屋です、なので卵を売ってます
そしてさらにプリンやケーキ、卵かけ御飯がイートインで食べれたりします
僕が一番ひかれたのは「たまごだけ丼」
卵丼の上に卵の黄身がおとしてあるだけなのですが
まあ、卵好きにはたまりません。卵だけなのです
ラーメンよりむしろこれを食べたい
いつか博多で食べてやる

f0092174_494728.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-09 04:10 | Trackback | Comments(2)
ジョンソンヴィル
キャンプでたき火をする時にはやはり肉よりソーセージなのであるが
ソーセージと言えば日本ハムもしくは伊藤ハムというイメージがある
最近CMをよく見かけるアメリカの「ジョンソンヴィル」
とても気になったので思い切って買ってみた
とにかくジューシーでデカい、味もなかなか美味しかった
1本食べるだけでかなりお腹にずっしりとくる
一人でパクパク食べるより料理に使うのがベターかな
シャウエッセンと比べてそんなに変わらないような気がしたけれど
とにかく大きいというインパクトはある
これで作ったホットドッグをガッツリ食べてみたいなあ
北浜のステーキ割烹あだちも食べたいなあ
一番食べたいのは天神ホルモンだなあ
と思いながら先日買ったジューサーでジュース作って飲んでます
人参とリンゴだけで作ったのは僕には飲めなかったので
さらに牛乳や桃を入れてお子ちゃま仕様です
f0092174_1231269.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-06 01:23 | Trackback | Comments(2)
「LIFE!~人生に捧げるコント~」
最近好きなのは「NHK「LIFE!~人生に捧げるコント~」
大人が一生懸命汗かきながら作っているというダイナミクスがある
ウッチャンもいいし塚地武雅もとてもいい
小手先のお笑い番組とは違うものを感じる
たまたまそのあと管官房長官へのインタビュー番組があった
僕の直感が正しいか分からないが
別に政治家が国益としてこれが自国民の利益となると考えての事ではない
昔は戦争放棄で基地を容認していれば良かったけれど
時代が変わってしまい、お金をたくさん出すだけでは勘弁してもらえなくなった
なので、私らも積極的に戦争する人に協力しなくちゃ行けなくなった
戦争しても儲からなかった国がそういう風に要請しているというだけの事なのかと感じた
管さんが言うには、なんとかいう3条があるから敵国の報復を受けるような行動はないそうである
本当にそうだろうか
本当のその人自身の政策、考えでない気がしてつまらなく感じた
PS.更にそのあとにはスーパー合唱教室という番組が会った
高校生は大人だ凄い、その高校生の感じた事を歌に上手く反映させる雨森文也さん
若い人の感性を大人がまとめあげる
いいなあ、と思った
f0092174_1565783.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-04 01:57 | Trackback | Comments(0)
集団的自衛権
あんまりニュース見てないのでよくわからないのですが
先ず国民がどちらかというと反対意見が多いにもかかわらず内閣が強引に決めてしまった
怖いなあ、どんどん国民から政治が離れて行くようです
安倍さんの記者会見に出てきた例、アメリカ軍が自衛隊を運搬する場合というのが
あまり現実的でなくあり得なさそうな気がする
ちょろちょろニュースを見ていたけれど、これを認めると
どのような事態が考えられるのかが具体的によく分からない
広義の集団的自衛権の行使として最悪どんなことがおこり得るのでしょうか
PKOとかで海外に行っている自衛隊員の活動にどのような行動判断の違いがでてくるのか
確かにアメリカに飛んで行くミサイルを自衛隊が撃墜すると考えると、良い事のように考えられるけれど
広義の集団的自衛権とは単なる戦闘行為になるのかもしれないし
誰か教えてくれないだろうか
f0092174_111237.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-03 01:01 | Trackback | Comments(4)
インサイド・ルーウィン・デイヴィス
お友達に教えてもらった映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」を見て来ました
フォークソングを歌う名もなき男ルーウィン
宿無しで、何もかもうまくいかないダメ男な風なのだけれど
映画を見ているうちにだんだん彼のゆずらない部分が見えてくる
僕はフォークには疎いので分からないのだけれど
ビートルズがでてくる前のフォークソングとはジャズみたいに酒、薬みたいなものでなく
詩を朗読するような感じの物だったのかなあ
以前行ったボブ・ディランも詩がわかればもっと楽しめたのかもしれないなあ
そういう時代背景がわかっていればもっと映画を楽しめたかもしれないと思うと残念だ
今日は平日にも関わらずお友達夫婦に遊んでもらって楽しかった
f0092174_23581216.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-07-01 23:58 | Trackback | Comments(0)