<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
EDIUS
今日はAPAの動画講座に行ってました
メーカーさんの商品説明の時間もあったのですが
一番驚いたのがグラスバレーさんのEDIUSという編集ソフト
様々なコーデックの動画にネイティブ対応し、なんと4K動画がMacbook proでサクサク動く
今の僕の悩みはmovで撮影した動画を編集のためにproressに変換すると膨大な容量になるのと
しかもそんなにもデータが大きくなったにも関わらず画質は良くない
レンダリングを待つ時間が凄くストレスになるしプロキシだとピントが合っているのかも分からないくらいの画質になる
お金があったらオフラインで編集しポストプロダクションにお願いするというのもあるのかもしれないけれど、そうもいかない
それにMacproは高いしなと思っていたところだ
ぱっと見あんまり作業スペースが格好良くなかったりするけれど
ストレスなく動く事が一番なのでそこは目をつぶろう
メモリーに依存しない分ハードディスクの能力は大事みたいで
ハードディスクでも7200回転あれば大丈夫みたいだけれどそれ以下だとダメみたい
願わくばSSDが望ましいだろう
ウインドウズにしか対応してないけれどbootcampでウインドウズを入れて是非導入したいと思う

f0092174_23030692.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-03-28 23:03 | Trackback | Comments(0)
Sunday
何かを突然思い出す事ってあると思うのですが
日曜日の朝、仕事に行こうと歯磨きをしていたら
「ビューティフル・サンデー」が頭の中で鳴り響く

そういえば日本語で「ゆみこさんで〜」と母親が教えたけれど英語のほうがかっこ良かったので
英語のほうばかり歌っていたのを覚えている

その日は撮影でしたが清々しい朝で、こんな気持ちの良い日曜の朝にビューティフル・サンデーを
思い出すなんてすごいなんて思いました

PS.仕事先の人からうちのTさん(女性)は自身のことを某(それがし)と言うらしいと聞いた

女の人が自分をソレガシということって本当にあるのだろうが?
時代劇みたいだしそもそも男の言い方だし
にわかに信じがたいのですがどうなんだろうか

f0092174_21460466.jpg


[PR]
by runningtoto | 2014-03-26 21:46 | Trackback | Comments(0)
Frozen
仕事が早く終わったので映画Frozenを見て来ました
歌が気にいっていたのでこれは行かないとあかんと思ってました
オスカー獲るだけあってLet it goは良かった、キャラもなかなかいい感じです
ただ僕的にはエルサがLet it goを歌うまではすごく良かったのにそのあとの展開がいまひとつで
何となくそのまま終わってしまいました
でも、雪や氷の表現は素晴らしく、美しかった
エルサみたいな人は周りから見ると何考えているのかよくわからない人だったりするのだと思うのですが
力強くLet it goと歌い上げるのはそれまでのエルサの苦労を思い起こさせるし、その思い切りが単純に見ていて気持ちいい
夏に憧れるおちゃめなスノーマンもいい味を出している
彼のあんたのためなら溶けても良い的な台詞はよかった
それはマズイやろという部分もあったけれど上映始ったばかりだしそこには触れずに置こう
願わくば2Dで見たかった、3Dは映像の明るさが落ちてなんか白もグレーぽく見えるのだ
日本語吹き替えなんてありえないので、しょうがなかった
「ありのまま」なんて薄っぺらで意味合いの違う訳でしょう
ホント字幕吹き替えも2Dで上映してほしい

f0092174_02055422.jpg


[PR]
by runningtoto | 2014-03-24 02:08 | Trackback | Comments(0)
グルスキー
国立国際でアンドレアス・グルスキーを見て来ました
巨大な作品は迫力があって面白かったです、特にカミオカンデはこの世とは思えないような不思議な美しさがありました
巨大で高精細な写真の前にいるとまるでその場所にいるかのような気持ちになります
何枚もの写真を上手く繋ぎ合わせているのですが、さすがどこで繋いでいるのか分かりません
でもプリントはつなぎ目があって流石に一発では出なかったようです
グルスキーはベッヒャーの元で学んだらしいのですが、なるほどカメラマン的視点を殺したような
第三者的目で撮影しているように感じました
巨大プリントは見ていてとても楽しいのですが額装のガラスかアクリルが透明度は良いものの反射率が高く映り込みがかなりある
この一枚がなければもっと綺麗に見れるのになあと思いました
そういう意味では同じ国立国際で見た杉本博司は鑑賞する環境まで造り上げていて見る側のことを考えた展示だったと思う
僕もヒロシだけれどこの博司さんはあらためて凄いなあ
帰りにふと献血しようとしたのだけれど
今まで22回も献血してきて初めて赤血球かなにかの濃度が足らなくて献血できませんでした
なんだか自分の健康にダメだしされたような気持ちで悲しかったです
今日も動画の編集です、60分もあるとしんどい
f0092174_09203108.jpg


[PR]
by runningtoto | 2014-03-19 09:20 | Trackback | Comments(0)
アナ
昨日確定申告の帰り、映画館に寄ると「アナと雪の女王」のテーマmusicがガンガン流れていて
これは見るしかないかと思いチケットを買おうとしたけれど何度やっても買えない
今日からだったんですね、紛らわしいねん
平日のシネコンには高校生とか中学生ぽい子供達がたくさんいた
春休みなんですね
楽しそうで良いなあ
f0092174_22591864.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-03-14 22:59 | Trackback | Comments(0)
セコイヤ
セコイヤと言えばチョコレートが子供の頃からおなじみだが
アメリカ在住の友達からお土産にセコイヤ栽培セットというのをもらった
麦のような小さな種をまいて20日間ほど冷蔵庫で冷やしたあと数日常温でおいておいたところ、芽が出ました
これが本当にあのような大木になるのだろうか
育ったとしても1000年も待てない
f0092174_21091402.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-03-04 21:10 | Trackback | Comments(0)
IS ウォーター
熱が出たので寝ていると夢を見ました。高校の学園祭で何をやろうかと担任の先生の家で策を練っていると、化粧品をつくろうということになる。
たとえば化粧水なんて水なんだから楽じゃんと。名前は「IS ウォーター」。
ちょっと前に見た夢もまあまあ良かった。
地元の東谷小学校講堂で「The Drifters」(ベンEキングのいた)のライブがあり見に行く。
僕は何かの手伝いでステージ脇にいている。何曲かやって休憩に入るとステージのドラム奥から飲み物や食べ物が出てくるので不思議に思っていると。
講堂ステージ奥が給食室になっておりカウンターもあり唐揚げ定食やカレーなどのメニューも張っている。
一緒に来ていたデザイナーのFさんと一緒におばちゃんに料理を頼む。
というのもあった。
夢ノートに書き記すほどのできではないけれど最近はかなりのできばえの作品があって嬉しい。
ドリフターズというのも実に渋い。
f0092174_01202130.jpg

[PR]
by runningtoto | 2014-03-04 01:20 | Trackback | Comments(2)
喜多美術館
奈良の桜井市にある喜多美術館で岡本梨江さんの個展を見て来ました
こちらは初めて訪れましたが個人所有の主に現代美術作品を展示している美術館です
ウォーホールやピカソ、ゴッホなどの超有名作家の作品が展示されており
セキュリティ面も全く気にしてないかのように置いてあるのにびっくりしました
写真ではベッヒャー夫妻のオリジナルプリントが展示されていました
岡本さんの作品は初めて見せていただきましたが
常識的この世に疑いを抱き、周りの世界へのよりどころのなさみたいな感覚が面白く思いました
作品をみることで人の今までと違う一面がみえてくるのはとっても興味深いこと
f0092174_23503099.jpg
です


[PR]
by runningtoto | 2014-03-01 23:50 | Trackback | Comments(0)