<   2013年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
せっかく書いた文章が俳優の名前を検索した瞬間消えて、もう一度書いてます
京都のお友達は年間100本映画をみるそうで
映画好きを自負している僕ですが100にはとうていかなわず、とくにここ数ヶ月は少なかったので
週に1本はみたいと思っています
まずは「幸せへのキセキ」We Bought a Zoo
家を買ったら動物園がついて来たという笑える話なのですが
マット・デイモンと息子、娘の家族が奥さんが亡くなるという悲しみを乗り越えるのがテーマです
デイモンは男前過ぎずホームドラマにも馴染んで僕の好きな俳優の一人です
デイモンの娘役のマギー・エリザベス・ジョーンズがとてもよかった
昔のドリュー・バリモアを彷彿とさせる演技でほかの出演者がかすんで見えた
話はまあ普通の展開だったのですが、デイモンはじめ動物園のスタッフが力を合わせるシーンはいいな
ベクトルが同じ方向を向いているときというのは大きな力が出るんだね
それともう1本「ツレがうつになりまして」
宮崎あおいと堺雅人、どちらも僕の好きな俳優だけれども
このふたりのゆっうりとした夫婦愛が好感を持てた
女性のこういう明るさは一男性として憧れますな
今回の映画は鬱病がでてきて、会社を辞め、生活が変わり、お金の問題が出て来たり
ということが一段落してちょっと光が見えて来たという所で終わってます
ただ原作では(僕は原作は読んでいないのですが)旦那さんがやはり家から出られないので
家で出来る仕事を始めるらしく
鬱病といかに共存して行くかというところが大きなポイントだと僕はおもうので
そこがあまり語られなかったことはすこし残念でした
とは言え映画としてテーマは夫婦愛なのでこれでいいのでしょう
2つともゆっくり見るタイプの映画でした
実はずっと観ないでおいてるホラー映画も何本かある
勇気を出して今年こそ観るぞ
f0092174_331211.jpg

[PR]
by runningtoto | 2013-01-28 03:31 | Trackback | Comments(0)
cut
今日はお友達の主催するイベント講座の発表会で
講談とクラシックのコラボした舞台を見て来ました
地域性を生かしたテーマで、発表の場とはいえとても楽しめました
主催する会社の方々3名とご飯に行ったのですが
結婚したことないのは僕だけだということで、3名から全方向からの激しい砲撃を受けました
最近こういった砲撃を浴びるのが気持ちよくも感じる今日この頃です
まずは昭和フォークシンガー風に伸びた僕の髪をどうにかしろということになりました
周りにあまり評判が良くないことは薄々感じていたことですが
僕はモヒカンみたいな短いのはしたことはあっても伸ばしたことはなく
一度伸ばしてみたかったのです
というわけで、今月散髪したばかりなのですが
今月中にもう一度カットしに行くことになりそうです
伸ばした記念にセルフポートレイト、撮っておかないとなあ
f0092174_12065.jpg

[PR]
by runningtoto | 2013-01-25 01:19 | Trackback | Comments(2)
My Back
仕事がにわかに忙しい今週なのですが
こんな時に限って2日ほど前から腰が痛い
なんども同じことを繰り返しているようだけれど
運動しておけばとか、これからはストレッチ毎日しようとか思う
幸い仕事はできる
明日も朝一番は接骨院でもみもみだ

鉄拳の作品は「名もない毎日」
テーマの解釈をメインの恋人達二人だけでなく
広く人々に持って行っているのだけれど
二人と人々との絡ませ方が絶妙にうまい
映像作品作るのなら僕は3〜5分くらいのものしか出来ないけれど
こういう短編のなかのシーンの切り取りや構成なんかが
こんな風に上手く出来たら良いなあと思う
鉄拳すげー


[PR]
by runningtoto | 2013-01-22 23:17 | Trackback | Comments(0)
Follow Me
NOMAに密売妄想展を見に行ってきました
みなさんの妄想が楽しかったです
僕がグラッときたのは、つぐみ陶房 堀越洋司さんの作品
欲しかったです。たまりません
f0092174_1245995.jpg


鉄拳の作品はFollow Me
ファンタジックなストーリーですが大きな痛みも伴います
しかしその共有による癒しがカタルシスを感じずにいられません


[PR]
by runningtoto | 2013-01-20 01:32 | Trackback | Comments(2)
振り子
年末に見つけた鉄拳のパラパラ漫画がとてもいい
絵にも味があるし、いいところを突いてくる
なので何点か紹介したいと思います
まずは「振り子」
こういうの弱いなあ


[PR]
by runningtoto | 2013-01-19 00:15 | Trackback | Comments(2)
506
偶然なことがいくつもある日でした
うちの近所にはレッドブルの宣伝カー(屋根に巨大なレッドブルが載ってます)の基地があって
時々走っているのを目にするのですが
今日は愛車をレッドブルカーの背後にピタリと付けました
そのあと走っていると僕の車の後にずっとついてくるトラックに気づきました
僕の実家、東谷の藤原自転車店(昔自転車買いました)の車でした
夜にスーパーのレジで506円を支払う瞬間
僕のレジではなく背後のレジの人の「506円お預かりします」の声が聞こえた

写真は横川巧さんの作品
f0092174_0591270.jpg

[PR]
by runningtoto | 2013-01-17 01:01 | Trackback | Comments(0)
甲骨
現代美術作家の小西乱土さんの展覧会に行って来ました
小西さんは文字にこだわられて作品を作っている方で
今回は「乱流甲骨文字」と題して甲骨文字を作品にされていました
象徴的、具象的に意味が文字自体にある
小西さんが言われるには、現代の文字においてこういうことは珍しいことなのだそうです
現地で小西さんに一つ一つ説明していただき
文字の成り立ちの面白さを深く感じました
場所は京都の同世代ギャラリー、戦前の建物です
建物のレトロな雰囲気が小西さんの展覧会に合っているなあと思いました
f0092174_23532681.jpg

[PR]
by runningtoto | 2013-01-14 23:55 | Trackback | Comments(0)
APA
APAとは、日本広告写真家協会です
僕はこれまで団体に入ることをあまり良しとしないで来たのですが
人とのつながりを強化したい、フリーカメラマンとして世間から受け入れられている証が欲しいなどで
この春からAPAに入会すべく準備をしてます
昨日はその推薦をしていただける大先輩のカメラマンの方のご自宅にお邪魔してました
仕事以外の作品も作り続けてらっしゃるエネルギッシュな方で
僕もたくさんのエネルギーをいただいて帰って来ました
明日は年明け最初の撮影です、1カットですが頑張ります
PS.写真はギタリストの伍々慧さん、レコーディング頑張って下さい!
f0092174_1281376.jpg

[PR]
by runningtoto | 2013-01-11 01:30 | Trackback | Comments(0)
わすれもの
昨日は、忘れ物を取りにまず京都へ
お友達ご家族から手厚く迎えられ、一緒にケーキを食べ、昔話に花を咲かせて
お子ちゃまには似顔絵を描いてもらい
まるで家族のようで、たくさん癒されました
そのあと忘れ物を届けに大東市へ
お友達家族に夕ご飯をごちそうになり、0%ビールを飲み、デザートを食べ
近況の話に花を咲かせて
まるで親戚のようで、たくさん元気をもらいました
ありがたや、ありがたや
凶のおみくじに負けないよう、明日から元気に働きます
f0092174_017754.jpg

[PR]
by runningtoto | 2013-01-07 00:19 | Trackback | Comments(6)
UNTOUCHABLE
お友達と宝塚シネピピア売布で「最強のふたり」を見て来ました
以前チラシを見たとき車イスの人とそれを押す黒人男性の二人が、本当に気持ちのいい笑顔で写っていて
とても気になってました
原題はUNTOUCHABLE。お金持ちの身障者フィリップは日常の介護をする世話係が必要なのだが
だれも彼の心の中には入っていかない閉じた人生だった
そこにスラム出身の黒人ドリスが世話係に採用されフィリップの毎日が変わっていく
この普通は出会うことのないコンビがおこすハプニングが実に気持ちいい
僕はおもしろすぎてお腹を抱えて笑ってしまいました
笑いあり、そして友情に涙ありで、重くなく、とても良いバランスの映画でした
映像はフランスというよりは、気張りすぎたり重たい絵でないハリウッド映像でしたが
それはそれで良かったと思います
こんな風に誰かを楽しくさせられたら自分も楽しいだろうなあ
シネピピアではデジタルシネマ機器を導入するために、署名をお願いしています
フイルムがおわり、デジタルシネマの機材を導入しないと映画を配給してもらえないという事態になっているそうです
ミニシアターは高価な機材の導入が難しく存続の危機を迎えています
僕も署名して来ました
こちらから⬇
http://takarazukaeiga.com/pipia/

f0092174_21105275.jpg

[PR]
by runningtoto | 2013-01-04 21:11 | Trackback | Comments(0)