<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
華道家の野村天圭衣さんの作品を撮影しました
夏というのはお花的には仕入れや保存等で一番厳しい時期らしく
過酷な条件にもかかわらず素晴らしい作品を制作されておりました
華道とフラワーアレンジメントとの違いとは何かと、僕には素朴な疑問があったのですが
華道とは空間を作るものらしくフラワーアレンジメントとはその物(お花)自体を制作するものだそうです
なるほどと思いました
f0092174_23221230.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-08-27 23:22 | Trackback | Comments(0)
龍馬
お盆が終わり請求書を出したりしていたらもう9月かあ
早いです
仕事はゆっくりしているけれど作品つくったりでなんだかバタバタしてます
何年か前に見たNHKの龍馬伝を少しずつですが見直していました
ドラマも面白いのですが撮影の仕方がとても参考になるのです
おもしろい
特に室内の撮影ですが強烈なキーライトをメインにしてますが
窓のないところから光を入れたりしていないので自然です
フォーカスが浅い、DSLみたい
手持ちでリアルな撮影もしている
映画的絵作り(多分後処理じゃないでしょうか)をしている
侍の衣装がきれいすぎない、汚しがいい感じ
僕は香川照之の弥太郎がとてもいいなあと思う
福山くんはまあまあかな
でも龍馬の食べ物を食べるシーンの「うまいきー」と叫ぶシーンは好きだなあ
食べ物をうまそうに食べる人はいいなあと思う
f0092174_182814.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-08-25 01:08 | Trackback | Comments(2)
びわ湖花火
リクエストに応えて動画アップ
仕事帰りに寄った花火大会
レンズが暗くて感度を上げたためノイジーです、ご了承を
いいとこばかりで繋げると、単に大爆発映像になってしまうかなと思い長くなりました
7分あります
まわりの人の、ワーッという声がなかなか気持ちいいです
飛んでいるのは鳥ではなくコウモリじゃないかな

[PR]
by runningtoto | 2012-08-14 10:43 | Trackback | Comments(6)
5
残暑お見舞い申し上げます
まだまだ暑さが続きますが
夏の疲れに充分ご注意くださいませ
撮影のあとcoco壱でレッドキーマカレーを食べました
5辛は初めてでなんとか完食しましたが
僕にはオーバーHOTだったわけで
カレーより多いくらいの量の水を飲みながらの完食のため
おなかがぽんぽんになってしまいました
夏はクーラーばかりに当たってないで
しっかり汗をかいてスッキリしたい
f0092174_18354466.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-08-12 18:36 | Trackback | Comments(0)
fire
近江八幡で仕事のあとちょうど良く大津で花火大会があったので
夏の風情を味わってみた
お友達とは現場では会えなかったけれど、花火のあとで合流できた
今年は夏らしいことを全然していなかったので花火が見れてラッキー
対岸に見える花火は、ビルなんかのジャマなモノもなくスッキリとした印象で
とてもよかった
日が落ちたあとのびわ湖は風が気持ちよく
もう残暑なのかなと思った
近江でみつけたラーメン屋、バリバリジョニーは替え玉何玉でも無料!と書いていた
いっぺん行ってみたい
f0092174_2284590.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-08-09 02:28 | Trackback | Comments(8)
オリンピック
スポーツ観戦をあまりしない僕だけれどオリンピックをついつい見てしまう
先日スポーツに詳しい友達と競泳を見たのだけれど
僕は国内国外に限らず一人も選手の名前をしらなかったけれど
その友達が説明してくれるので実に楽しく観戦できた
僕のようなものには本当にたよりになる友である
今日は女子マラソンを見ていてルーマニアのシモンさんが出ているのに驚いた
よくテレビに出てくるけれどそこそこいい歳だろうに、すごい
僕は途中で寝てしまったので結果を知らない
どうなったのだろう
PS.卓球の解説が松下浩二さんだったのはちょっと嬉しかった
さらにPS.義足で400m準決勝にまでいった人すごい
f0092174_1233587.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-08-06 03:15 | Trackback | Comments(0)
宇宙と宗教
だいぶ前にTVでみた映画MIB、これのエンディンが興味深かった
銀河系というのはビー玉によく似た玉の中にあって、超巨大な生き物がそのビー玉で遊んでいるという
短いイメージ映像があった
子供の頃、宇宙というのは超巨大なノミみたいな生き物に付いているちいさな粉の一粒であり
ノミがちょっと動いたことで我々の宇宙はプチッとつぶれてしまう、そんなことを考えていた僕にとって
これはなるほどと思える映像でした
人類の進化も、宇宙的な大きな目で見ると棒っきれがちょっとグレードアップしたにすぎないし
物事の価値観でいうと猿から変わってないようにも思える
なので人類が100万年後も地球にいるかというといないと思うし
人類には宇宙のなぞを解くのは無理だと思う
人は意味やストーリーを必要としているものなので、この世に生まれたわけは?
自分の人生の意味は?とやはり知りたいのです
だからこそ宗教があるわけだとおもうのです
僕は特に信仰はないのですが、あえて言うならば仏教に考え方は近いと思います
この世に生まれた理由や意味なんてものはないと思ってますし
そういうものは自分の中に自分で作るものだと思ってます
まあでも他の人からするとどうでもいいことだったりする可能性は大きいですが
意味なんてない、死んだらそれまでだからこそ今現在が大事で、今どういう価値を選ぶかが大事で
他人もそうやって生きていると思うから大変だなあ、頑張ってほしいなと思う
そうやって(あくまで自分の価値観で)選んで来たことを死ぬ直前に納得できたらと思う
大きな後悔が残りつづけるというのは辛いことなんだろうなあ
宇宙を解こうとするということは自分たちの存在意義をみつけようとすることかも
それはやはり宗教だなあとおもう
f0092174_233866.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-08-01 02:03 | Trackback | Comments(2)