<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
3331
お友達のさそいで神戸KITOのセミナーに参加してきました
今回の講師は中村政人さん「3331 Art Chiyoda」を立ち上げた方だ
3331は閉鎖された学校を改修して作ったアーティスト、クリエーターの発信する場所なのですが
なかなか商業になりにくいアートというジャンルで地域や社会とどう関わっていくか
アートという一見敷居が高いように思われがちなものをどうプロデュースしてゆくか等
とてもおもしろかったです
アートは社会から切り離されたものと考えがちですが
地域、企業、とリンクされたものとし
それらが影響し合うことで地域が活性化していくという考え方が
アートは孤独なものだと考えがちな僕には新鮮でした
お友達が川西で運営しているNOMAも川西という地をベースに発信する場所として活動されてます
これも長い眼で見れば地域の活性、物作りの世界の活性につながっているのだと思います
あと違うジャンルの人が集まることで互いに影響し合いアイデアがうまれるというのもなるほどと感じました
ネットで情報は入ってくるけれど、それは一見つながっているように見えるけれど
人同士が影響しあうことはないのかなと
これは友達の意見だけれどアートというのは一般人に考えつかない
今は受け入れられない未来を切り開くという側面もある
受け入れられることを狙いすぎるとそれはまさに究極はアイドル的なものになるだろうし
企業の仕事となってしまう
エンターテイメントの部分と毒の部分とのバランスが
難しいのだなあと感じる
f0092174_341917.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-30 03:04 | Trackback | Comments(2)
黒猫
昨日うちの前の道をサラリーマンが乗ったチャリンコが勢いよく走ってきて
僕のよこを通り過ぎたあと、ガッシャーン
とすごい音がしたので振り返ると転倒していた
すごかったので大丈夫ですかと駆け寄りそうになった
夜おそくで車も何も走っていなかったけれど
一匹の黒猫が走り去っていった
ニャンコを避けようとコケたのでしょうか
ニャンコは好きだけれどこういうのは参るなあ
f0092174_0461535.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-28 00:46 | Trackback | Comments(0)
エンデイングノート
お友達の家に遊びに行った帰り
宝塚の映画をみんなで見て語り合う会合に参加しました
エンデイングノートはある男性が亡くなるまでのドキュメンタリー映画で
監督、カメラはその男性の娘さん
何を見るのかわからずに参加した僕はちょっとびっくりしました
僕は大人になってから近親者がなくなることがなかったのでこんな感じなのかなあと
経験したことのない世界をみる気持ちになりました
こういう内容なので僕も含めてみなさん涙されていましたが
何か引っかかる部分もありました
家族みんなでいるシーンでお父さんだけ蚊帳の外のようなシーンや
奥さんと週末婚にしていた事実から、奥さんとお父さんとの確執が感じられるし
子供たちからも家庭を顧みないお父さんと思われていたに違いないと思う
こういう大事なディテールを描いていないのも関わらず
もう数分後か数時間後には亡くなるかもしれない人が奥さんと2人だけにしてくれとお願いしている
そんな時間を撮影していたりして
何かを浮き彫りにしていくことよりも映像的インパクトを重視しているように感じた
奥さんの「愛している」という言葉は懺悔の言葉に僕は思えたけれど、考え過ぎだろうか
そんな所まで撮影する覚悟があるなら、もっと家族同士で向合うべき認めるべき部分が
あるだろうし、そこを表現すべきではないだろうか
どうもそこにオブラートを張っている気がした
監督自らナレーションをしていて手作り風の作風がエンディングではいきなり
泣きのうたでガチガチに作っている感じで、泣きなさいといわれてるような気がした
死の宣告を受けてからクリスチャンになるお父さん
不安やるせなさを吐露できない家庭の状態、だから彼は救いを教会に求めたのでは
誰もが泣いてしまうような飛び道具なものを第一回監督作品に持ってくる
震災以降の世の中の流れもある
仕事だからそんなのくらい当たり前かもしれないが、やはり売名行為思えてしまう
f0092174_292459.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-27 02:09 | Trackback | Comments(0)
阪急電車
DVDで阪急電車を見ました
これは撮影を7Dと5DmarkⅡで撮影しているらしいです
映画にするにはハイビジョンサイズではちょっと足らない感じで
やはり4000くらいないとカリッとしないなあと思いました
見た感じシャドウがなんだかしまらない感じの絵つくりをしてましたが
これは映画としての味付けだったのだと思います
アオリのレンズを使ったりそれなりに味は出していたけれど
やはりズームは少なかったなあ
ええ者悪い者がはっきりしすぎているし
ちょっとテレビドラマ的な作りと展開にガッカリなところはあったけれど
まあそれなりに楽しめました
映画の内容より一眼デジカメで撮った絵を見たかったので
まあいいかな
やはりEOSのC300くらいで撮らないと映画はしんどいかも
僕がやるような映像はハイビジョンサイズで十分
ただライティングしないで撮影することが多いだろうし高感度には強いカメラが欲しい
今世間ではニコンD800が盛り上がっているけれど
高感度にも強く画素数もまあまあ多くていい所をついている5DMarkⅢは
僕的にはオールマイティに使えるいいカメラなのじゃないかと思っている
D4とD800を足して割ったような感じかな
関係ないけれどリニア鉄道館、行ってみたいな
f0092174_2483469.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-21 02:48 | Trackback | Comments(2)
P310
ニコンのCOOLPIX P310を予約しました
まだ発売されていないのです
中途半端が嫌いな僕は写真は一眼レフ以上のカメラかもしくは携帯という考え方で
これまでコンパクトデジタルカメラは持ったことがありませんでした
しかしカバンに入ってちゃんと写ってある程度自分の思いどうりに写るカメラがほしいなと思い
リコーのGX200なんかがいいなと思っていたですが
デジカメとパソコンは新しいほどいいので、ニコンの新しいやつにしました
広角が広い、高感度に強い、小さい、ズームがある、高くない
ということをクリヤーしてます
ぼくはときどき引きこもってパソコン作業ばかりしていることがありますが
そんな時のあと久しぶりに外に出るととても新鮮で
河、空、人、木、水、外はおもしろいものがいっぱいあるなと思います
振り子のように反動があるのはおもしろいです
関係ないけれど右の耳がジンジンする
風邪だろうか、中耳炎だろうか?
f0092174_03215.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-18 23:42 | Trackback | Comments(0)
ヒューゴ
お友達のおすすめでヒューゴの不思議な発明を見ました
まあアカデミーにたくさんノミネートされただけのことはあって
なかなか上手く作られていました
しかしながら日本語タイトルにあるようにヒューゴは不思議な発明とかしません
原題は「ヒューゴ」なんですね
しかしこの心温まるヒューマンな感じ、タクシードライバーのマーティン・スコセッシとは思えません
ジュード・ロウ、どこにでていたのかわからなかった
助演の女の子、実はキックアスの女の子でびっくり
ここからは多少ネタバレですが、メリエスの月世界旅行が大きくテーマに関わります
僕は映像出身なので月世界旅行やポチョムキン、イントレランスなんかを歴史として観てました
イントレランスなんかすごかったなあと
しかしこの映画の特殊効果の使い方はとてもよかった
効果とはわからんように使うのが上手い使い方で
SFものを除いてはいやらしい使い方はしてほしくないものだ
まあまあとにかく映画としてなかなか良かった
関係ないけれど僕は3Dで映画を見ると眠くなる傾向があるようで
今回も3秒くらい意識を失いかけることがあった
僕以外にもそんな人はいるのだろうか
f0092174_0284997.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-15 00:28 | Trackback | Comments(0)
申告
土日がんばったので今日は無事に確定申告を終了しました
申告終了後お友達夫婦と「ヒューゴの不思議な発明」を見たかったのですが間に合わず
しかしお二人の話だととてもいい話で昔のスピルバーグを彷彿とさせるものがあると
今日は無理でしたがまた今度見るのが楽しみになりました
最近気になるのは缶詰。一人暮らしが長いのに王道といえる缶詰をほとんど買ったことがない
シーチキンでも最近はトウモロコシ入りなんてのがある
いろいろ缶詰を研究しようと思う
f0092174_30820.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-13 03:00 | Trackback | Comments(0)
ディナーラッシュ
ずっとほったらかしになっていたDVDでディナーラッシュを見ました
イタリアンレストランのある日のディナータイム劇です
すごく良く出来ていたし、普通にカタルシスというか爽快感も味わえて気持ちよかった
前半のなんともイライラする感じというか全体に漂う嫌な雰囲気が
少しずつバックグラウンドにある理解というか和というか愛情につながる作りが実にうまい
プロットもよくできていたので普通にそうだったのか!と気持ちよく落ちる
映画の話の時はいつもネタバレにならないよう気をつけて入るのだけれど
(見ていない人がおもしろくなくなったら困るので)
又あえて話のメインではないので少しだけ書くけれど、画家や芸術家を引き連れて店にきた
たしかフィッツジェラルドという人は実は画商なのですがこれが実に気分の悪い嫌な男で
だけれど後半おとなしーく付いてきていた若手の芸術家たちが
フィッツジェラルドにアゲインストな立ち位置になるところが僕は気持ちよかった
こういうタイプの画商とかいるもんね
あとこの作品はあててないように見せる自然なライティングでニコンD800の発表会で見た
ナントカという映像作家さんの作品を思い出させるものがあった
(これはライティンなしで素人さんに演技してもらいステディカムの手持ちメインの映像でした)
厨房のガシャガシャした感じなんかうまく撮れていると思ったし
そういう撮り方がこの映画にうまくリズムを与えていると思った
きれいに上手く丁寧に撮れていることと面白いということはイコールではないんですね
f0092174_445470.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-10 04:04 | Trackback | Comments(0)
大・大輝 展
谷九のSoHo Art Galleryへ山本 大輝くんの個展を見に行ってきました
大輝くんは天国へ行ってしまって会うことは出来ませんでしたが
作品から大きなエネルギーを感じました
すごいなあと思ったのは油絵の自画像、おもしろいなと思ったのは
都会のビルシリーズです
具象、抽象、立体と表現の幅がとても広かったです
彼のお父さんに会場でお会いしたのですが
物作りに理解がありご自身も音楽をされているとても楽しい方でした
ビートルズ世代よりもひとつ前のプレスリー世代だというのに驚かされました
大輝くんの小さなメモ帳のようなスケッチブックのデッサンを見ました
こういう身の回りの風景というのはその人の眼に何が映るのか
その人が何に興味があって何を大事にしているのかよくわかります
そのスケッチは見ていて楽しくなりました
f0092174_4581944.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-09 04:58 | Trackback | Comments(0)
HERO
今日は思いきりDVDを観ましたが、いきまっしょいとヒーローもの二本立てです
「スーパー」と「キッキアス」どちらも素人ヒーローです
がんばっていきまっしょいはまあまあでした、僕自身が鈴木杏を好きじゃないのと
悦子の言葉があんまり綺麗じゃないのと、演出的にこうしたいから逆にこんな問題を起こすみたいな
作り手の考えていることがわかりすぎて、そしてそのため不自然な行動をとらせている
そんな気がしました
でもいい所もたくさんあったし、女の子ががんばっているのはオジサン的にもぐっと来る
石田ゆり子きれいだったし
「スーパー」はあんまりピンと来なかったな
素人のなるヒーローものだけれどちらかというとスプラッター、ホラー、もしくはタランティーノ的な感じも見受けられた
書き過ぎネタバレで申し訳ないけれど、あえて書かせてもらうなら
正義のための制裁がいつしか悪の暴力と同じようになっていく感じ
ヒーローの根底にある空しさやだからこそのあこがれ
ひょっとしたらヒーローとはだからこそ其の動機が大事なのだと言っているように思いました
「キックアス」は僕の好きなタイプの映画と少し違うけれどおもしろかったし小さな女の子のヒーローも
カッコいい
カッコだけのヒーローでたまたま注目されただけの素人ヒーローが
あるところで動機を得る、小さな動機かもしれなくても人は動機を得たときに
真に力を発揮するみたいなところはなかなかいいなとおもった
話はものすごく展開が予想できる展開だったけれど
ニコラスケイジ、珍しい役柄だったけれどよかった
ダメダメなオタクキャラたちには笑わせられた
そのへんは僕好みでした
プロットがいかにも次がありますよ的な構成で作り過ぎているようにも感じたけれど
まあ無理に話をねじ曲げたりもしていなくよかった
うまく、おもしろかったのはキックアスのほうだなあ
PS,気になったのでシネマハスラー宇多丸さんのレビューを聞いてみました
「スーパー」について僕は宗教的見方が出来てなかったようで
いろいろ気づかされました(シネマハスラー、ラジオの放送聞いて)
確かに数少ない幸せが崩れてしまったとき
さらに神が自分を後押ししてくれたら、クレイジーな行動に走ってしまうものなんだなと
ヒーロー相方の女の子のめちゃくちゃな行動に疑問を抱きつつなんだろうけれど
どうやって自分のバランスをとっていくのかとか、ラジオで言ってたみたいに幸せとはとか
考えると深いですね
f0092174_2324598.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-03-05 02:32 | Trackback | Comments(2)