<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
D
先日ニコンの新製品の発表会に行ってきました、D4とD800です
プロの講師の方々のセミナーがあり、これがなかなか良かったです
話を総合すると、ニコンはD800を売りたいのだということがなんとなくわかります
D4は報道やスポーツの方向けで
僕のなかでは動画をとるならD4でスチル写真ならD800かなあと
D4だと絞りを絞れるし素材としてもとてもいい動画がとれるかなあと
美術作品等テクスチャーが重要なスチル撮影にはD800が有効かと
ただ、普段の撮影では1000万画素ちょいあれば良かったりするので
うーんと悩みます、キャノンに乗り換えるということも少し考えているし
PHASEONEでは経費を回収できないし
まあ発売されたらレビューがいろいろ出るだろうから
参考にしよう
f0092174_2304859.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-29 23:00 | Trackback | Comments(2)
白くま
たいしたことではないがイラっとすることがあり
撮影前の気分なおしにアイスを買いました
僕はカップのバニラや練乳系が好きなのですが
練乳で引っかかったのがこの白くま
カキ氷 系でダッツと同じ値段がするとは太々しいと思いましたが
思い切って買ってみました
これは美味しかった、練乳のたっぷり具合がとてもいい
たいがいのアイスが練乳量が少なくて何度がっかりしたことか
お昼に食べた牛丼、このがっかり感をも吹き飛ばしてくれました
話は変わりますがゴスペルをやっているお友達に違和感を感じますという相談を受けました
世の中にはいろんな音楽がありますが特にゴスペルは宗教と密接につながっているものですから
確かに難しい。多分日本人だけなんだと思うのです、趣味でゴスペルを歌うのは
外国人からしてもとても不思議なのだと思います
女性という難しい輪の中で孤立するような立場に立つ必要は決してありませんが
自分がそんな風に感じていることを伝えることをすると、その人の周りにそれに共感する人が集まってくる
と思うのです
やはり素の自分を受け入れてくれる人が多いほうがいいですよね
僕の友達にはめんどくさいので適当に返事するタイプの人もいますが
それもどうかと思います
なぜこういうことを書いているかというと自分自身にとっても
こういうことが大事だと思うからです
PS.近所で見つけたカッコいい店、OSAKA Mishin
なんとミシンの専門店です
お店の前をたまたま通ったのです
朝ドラのカーネーションにそこのミシンが出たらしいです
スゴい、なんかミシンてカッコいい
f0092174_0551786.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-27 00:55 | Trackback | Comments(2)
40
僕は大阪芸大出身なのですが、映像学科40周年記念同窓会があり
参加してきました
久しぶりにいく学校は以前グランドだった所が体躯館になったり、
巨大なホール(芸術会館とか書いてました)ができていたり
設備がよくなったなあと感心してました
とは言え基本的な作りは変わっていないので校内を歩くのはとても懐かしい気分になります
僕は同期の友達を見つけられなくて、卒業後尼さんになった大先輩と話したりしていましたが
最終的にはお友達とも会え、懐かしい話に花を咲かせました
お友達や先生方は意外なほど変わってらっしゃらなくてびっくりしました
帰りの電車の中で先生の一人、10こほど下の後輩たち、僕たちで
向かい合って座り阿倍野橋までの道中、たまたまの会話を楽しんだりもしました
きっかけは駅のバスに乗る前に先生にあいさつしたというそれだけなのですが
バスの中で始まった会話は阿倍野橋までつづき
挨拶というのもばかにできないなあ、おもしろいなあと思いました
あと、卒業してから頭に一度も浮かべたことないような同級生の名前が
友達と話していると思い出してくるから面白い
20年は長いけれど、気分的にはそんなに遠い昔の出来事でもないなあ
f0092174_0361633.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-26 00:36 | Trackback | Comments(2)
天六ユウラク座
昔から知っていたのですが初めて天六ユウラク座にいきました
ちょっと不健康な昔の映画館的雰囲気がスゴかったです
イビキかいて寝てるおじさんもいたし、トイレの便器は半数こわれているし
親愛なるきみへ、を観たのですが監督は僕の好きなラッセ・ハルストレム
世間の評価がまあまあくらいだったのでそんなには期待していなかったのですが
まあ、なかなか良かったです。アーミーの男前と金髪美女が恋に落ちるのはあまりにもな展開だと
最初は思ったのですが、ちゃんとドラマが作られているのでそんなことは気にならなくなりました
お父さんが自閉症であることを口にした彼女になぜあんなに怒ったのか
否定したいけれど本当のことを言われたからなのでしょう
その辺に彼がかつて乱暴者だった理由があるかもしれないし
彼と彼女が惹き合った理由もあるかもしれない
その辺の彼の苦悩みたいな所をもう少し描いても良かったようにも思った
曜日ごとにメニューが決まっているということなんかでも感じれたけれど
何故か観たあとヒア アフターを思い出しました
東日本大震災の関係で早々に上映が終わりましたが、これもとてもいい映画でした
f0092174_1472646.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-21 01:47 | Trackback | Comments(4)
コラボ
建築家の田頭健司さんの作品を撮影してきました
今回は住宅に飾られている陶器や絵画の作品が僕らの知り合いの作家さん
ということもあり
皆さんのコラボを僕が撮影するということになりました
僕は建築専門のカメラマンではありませんが皆さんの期待に応えるべく
ジュリアス·シュルマンや二川幸夫さんを付け焼刃ながら勉強しました
でも一番大事なのはジュリアス·シュルマンの言う建築を感じる感性なのでしょう
こういうことはすぐに身につけられるものではありませんが
自分の眼でいいなあと感じた所を表現しようと頑張りました
なぜ壁の表情をそうしたのかとか、なぜ庭の樹木にそれを選んだのかとか
それぞれ必ず理由があります
大きなことから小さなことまで理由を理解することが大事
まだまだ勉強することがたくさんありますが
新しく知る、発見することがあるというのは喜ばしいことです
f0092174_0212212.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-19 00:21 | Trackback | Comments(0)
フラメンコ
お友達のフラメンコを観てきました
初めてでしたがなかなか熱くていいものですね
どうも根源的には歌とギターが始まりでダンスはあとからついてきたものらしいです
なのでフラメンコをやろうと思うと歌も覚えないといけないようです
きちっと発表する感じではなくその場のノリで順番に踊る感じ
スペインのバルとかではそういうふうにゆるーくみんなで飲みながら楽しむものなんだろうなあ
足のステップは難しそうだな
フラメンコギターってカポ使うんだなあ、初めて知った
f0092174_043863.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-17 00:04 | Trackback | Comments(0)
手巻納豆
お友達の作家、川嶋守彦さんの展覧会に行ってきました
白の会場に白の床、とてもきれいな展示でした
あるお客さんが持ってこられた成城石井の手巻納豆は
衝撃のうまさでした
俺は必ず今度買いに行く
ネットで調べると格好高いのですね
しかしこんなにヘルシーでうまい物がこれまであったであろうか
嗚呼、早く買って誰かに食べさせたい
f0092174_23572189.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-15 23:57 | Trackback | Comments(0)
ホース
先日昼間に時間が出来たので洗車に行った
機械から出る高圧水を自分でホースでかけるのだけれど
一時停止ボタンを使い、軽くスポンジで汚れを落としてから再スタートさせた時それはおこった
床に置いていた高圧水スプレーの先端が激しく踊りだし
あわてて捕まえようとするもののなかなか捕まらなく
あたふたと1分近く格闘するうち気がつけばとなりの洗車レーンにまできていた
実に漫画というかコントのような状況で
誰も観ていなかったようだけれど
やはりこういう時こそ誰かに目撃者になってもらい
末永く語り継いでいただきたいものだ
f0092174_1325256.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-12 01:33 | Trackback | Comments(2)
TEDESCHI TRUCKS BAND
TEDESCHI TRUCKS BANDのライブを観てきました
僕はマイク・マティソンがボーカルのデレク・トラックスバンドが大好きで
今回はテデスキがボーカルのTEDESCHI TRUCKS BANDだけれども
こんな機会もないと思い行ってきました
テデスキがボーカルのボーカルはかなり良かった
move overだったかな?ジョップリンの曲はかっこ良かったな
それにしても、メンバーの誰も彼も一人でライブできるすばらしいミュージシャンばかりで
各々がソロをまわすところは本当にすばらしかった
デレクはしゃべりもせず淡々と仕事をしていたけれどギターの歌わせ方は
神がかりで、メロウなソロもハードな歌い方もギターのボリョームひとつで作り出している所がすごい
スーザンはペダルを使っていたな、2人ともフェンダーのスーパーリバーブだったけれど
ライテイング、セット共にシンプルでしたが音楽の見せ方がとても気にいった
音数や強弱という基本中の基本のことで曲をすばらしく盛り上げて、ほんとうに魅せられたステージだった
デレク以外のミュージシャンたちの明るさも僕は気にいった
コーラス隊の踊り方、ホーン隊のアクション
ツインドラムなのもびっくりしたけれど、各々がしっかり仕事をしていて単にパワーを出すということではなく
リズムに奥行きを作っていた
向かって左側のドラマーがイタズラで右のドラマーの顔に黒布をかぶせてたのもびっくりした
演奏中なのに、ありなの?
音数の少ない曲のときの演奏のうまさというのは本当にすごい
デレクとマイク・マティソン狙いで行ったけれどいろんな意味で楽しめたライブだった
f0092174_1121787.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-10 01:12 | Trackback | Comments(4)
Place in the Moment
お友達に教えていただいた岡登志子 さんの公演を見てきました
岡さんは舞踏家ピナ・バウシュの弟子だった方だそうで
来月からベンダース監督のピナ・バウシュさんの映画が封切られるとかで気になっていたのです
美しいと感想に書きました
人間、生き物?としてきれいだなと思いましたし
ダンスではないかもしれないけれどその動きや形がとてもいいなと思いました
とにかく写真が撮りたくなりましたね
女性はみんなワンピースの衣装を着ているのですがそれもよかった
女性性を出しつつも肉体の美しさも表現できるそしてスカートというのは
ダンサーの動きをダイナミックに表現してくれる
シンプルなようでよく考えられている衣装だと思いました
不覚ながら途中眠たくなったりしましたが
退屈だった訳では決してなく、空調が利いてて温かったので
欲を言えばガツッとエネルギー全開な場面も少しあってよかったのではと思いました
とにかく、行って良かった
良い物を見せていただきました
f0092174_20595397.jpg

[PR]
by runningtoto | 2012-02-05 20:59 | Trackback | Comments(0)