<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
年末ですね
昨日は普通に仕事をしていたので
今日(29日)年賀状を出しました
明日は大掃除ですな
今一番気になっているのは1月末にあるグループ展
なんと今日から撮りだしました
撮っていたらフイルムカウンターが壊れたし
間に合うんかい
それなのに1月の仕事はいろいろ決まっていく
正月頑張らんとあきまへんなあ
暇な時間を利用して1月は健康診断をして台湾でも行こうかと思っていたけれど
そうもいかないようです
クリスマスに大量にあったケーキ、次の日にはなくなってカズノコや伊達巻きになっていた
どこに行ったのだろう
f0092174_1312948.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-30 01:31 | Trackback | Comments(0)
恒例の
毎年恒例の写真家ラードくんグループ展を見に行ってきました
今年ももちろんお友達家族と一緒です
居てるかなーと話していたらギャラリー近くの信号でたまたまラードくん本人と出くわしました
一瞬、雨は夜更け過ぎに〜と、山下達郎の歌が鳴り響きました
ラードくんのアーティストさんの写真、なかなか良かったです
連休中、連休明けと仕事が続き
眼鏡をしたまま昨日は力つきて寝てしまいましたが
今日は納品も終わり
最後の締めはお友達ダンサーさんたちの公演を見に行きました
こちらも、とてもいいものを見せてもらいました
わしもみんなのそのエネルギーに負けないぞ
写真はポートタワーです
f0092174_0444414.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-29 00:44 | Trackback | Comments(0)
アリエッティ2回目
途中で寝てしまったアリエッティ、周りの人の評価が良かったので借りて観ました
まあまあええねんけれど、説得力がいまいち弱い感じがしたなあ
映像としては小人の世界をうまく表現していて申し分ないのだけれど
君たちは絶滅する種族なんだねとアリエッティに言ってしまう翔くんの負の部分
その表現がいまいち足らないしアリエッティたちを守ろうとするシーンももっとインパクトが欲しかった
ブレードランナーのラストシーンほどではなくとも、もっと必死になってほしかったし
人を助けれる、だれかの役に立つ充実感をもっと味あわせたかった
もっと借り暮らしの人たちのビクビク感があってもよかったかなあ
アリエッティの性格なのだろうけれど、なんだか気楽に生きているようにも見えた
お花畑のシーン、決して楽しいシーンではなく辛いシーンですよね
それだけに気合いを入れて美しいシーンにしたかったのでは
PSシルヴァン・ショメのイリュージョニストが観たい
f0092174_255816.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-22 02:06 | Trackback | Comments(2)
アリエッティ
違うチャンネルで観ていた佐藤かよの話がおもしろかったのですが
涙を飲んでアリエッティを見出したのですが
途中で力つきて寝てしまいました、今からという所だったのに
多分これからアリエッティのなかで人間に対する違う見方が出てきそうだったのに
何も出来なくて人間にこっそり間借りさせてもらっている存在かもしれないけれど
人間の事情を知る事で何か芽生えてきそうだったのに
DVDだったら途中からまた観れるのに
風邪で寝込んでましたが何とか復活しました
しかし作品制作が全然進んでない間に合うのだろうか
f0092174_1233083.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-17 01:22 | Trackback | Comments(4)
使いやすさ
今までコンパクトデジカメなんて中途半端だしいらないと思っていたけれど
キャノンのS100がいいなと思いました
何よりもリングでくるくる回して絞りやシャッタースピードを変えられるみたいで
とても使いやすく感じたのです
デジタルだろうとなんだろうと人が手で操作して使いやすいものがいいなと
僕の実家にあるオイルヒーターはドイツ製なのですが
タイマーが15分刻みでスイッチになっていて時計のように円に配置されてます
一目で一日のうちのどの時間帯にスイッチが入るのかがわかりとても使いやすい
でもこの温度調節のサーモスタットは1から10の数字があるのみで何度なのか全然わかりません
便利だったり、不便だったり
f0092174_1494673.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-13 01:49 | Trackback | Comments(5)
ベン・ハー
クリスマスが近ずいてきたからと言う訳ではないですが
ベン・ハーを映画館で見てきました
これは一度は映画館で見たかったのです
最近のせわしないカット割りにないゆったりとした表現がここにあります
でも戦車のレースの場面の迫力とリアリテイはスターウォーズに負けない物があります
人間の持つ原罪とでもいうのでしょうか、それを正に体験していくユダ
とどのつまり人はわからない事について怖いのです
なぜ今私がここにとだれかに聞きたい
そんなことはわかるはずもないのです
でも今日も生きてゆかねばならない
だから宗教がある
池田晶子さんの本を読んでいると宇宙、無を実感しようとすると
気が狂ってしまうという
僕はなるほどよくわかった
子供の頃死ぬほど死が怖かったのも
死が身じかにあったという事と僕がこの無を実感しようとしていたからだ
こんな事はする必要はない
今を生きたらいいだけなのだ
生きる事の意味は生きている者だけにある
そういうものなのだと割り切って今を生きるだけだ
それがその人にとって悔いの残るものでない事が大事なだけだ
f0092174_1414487.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-12 01:41 | Trackback | Comments(0)
お友達が手伝っている震災支援イベントに顔をだしてきました
このお友達、いやあこないだノロウイルスにかかっちゃってと
えー、と驚きましたが大丈夫なのでしょうか
そして一体どこで何を食べたのだろうか?
偶然に僕は家に帰ってきたらおなかをこわしたらしくトイレに駆け込みましたが
これは帰りにテクテク歩きながら月をみていたせいでお腹が冷えたのでしょう
ノロはまったく関係ないはずです、きっと
月が欠けるなんて、昔の人はどんなにか怖かった事でしょう
でも今だってこの宇宙の存在自体何もわかっていないですし
いつこの宇宙全体が消滅するかもしれない
宇宙とはとんでもなく巨大な生き物の夏休みの自由研究で
小学生がよくやる蟻の巣みたいなものかもしれない
そんな事を子供の頃よく考えていました
f0092174_0504571.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-11 00:50 | Trackback | Comments(2)
最近購入したES-335を売ってローズネックのストラトを買うことにしました
ずいぶん長い事ほしくて手に入れた335でしたがどうも音が気に入らず(カッコはいいのですが)
結局ストラトでいいのだと気づいたからです(まあ335にはその良さがあるのですが)
甘く抜けのいい音、サステインはほどほどにというのがほしかったのです
まあ普通は別の楽器と行ってもいいほどのそれぞれのよさがあるので、両方持つのが普通ですが
僕はシンプルなのが好きなので毎日さわれるもの、自分の音のイメージと合致するものが1つあればいいのです
こないだ買ったペンタの6×7もRZ6×7にできない手持ち撮影がしたくて手に入れました
解放で人を撮るという目的のために買ったのでカメラ自体にはあんまり興味がありません
レンズを手に入れるまではカメラは買ってきたまま放置されてました
僕の思ったように写ってくれること、それが出来たらそれだけでいいのです
たとえ使いにくくても重くても格好わるくてもちゃんと写って仕事をしてくれるなら構いません
そういう考え方が僕のいい部分でもあり悪い部分でもある
でも悪い部分になりそうな時は誰か身近なひとに相談でもすればいいのではないでしょうか
物は所詮物だと思っているのですかねえ
物がその人を表す事もあると思えるのですが
f0092174_274895.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-10 02:08 | Trackback | Comments(2)
ワタナベカメラ
ペンタ6×7のテスト撮影を近所の公園でしました
なんとカメラの裏ふたのモルトが劣化し溶けてきておりフイルムを入れると黒いのが手やフイルムの紙につきます
これはなんぼなんでもあかんやろうと購入した店に修理してもらうことになりました
なのでカメラは入院中です
さてこのブローニーのネガを現像してくれる店を探してたどりついたのがワタナベカメラ
お店に行ってみるとアナログ専門店とかいてあり
フイルムの現像とプリントしかしないらしいのです
お店には若い女性のお客さんがいたのですがもう少しYを多くとか指示をしていて
大きな紙で焼くためのL判でのテストプリントをしている様です
聞くと、ここではお客さんに見て納得してもらいながらプリントするとの事
だからとても時間がかかるのだと
でも昔はどこのラボもそうだったのだよと、この仕事で40年の店主さんが語ってくれました
世の中がデジタルプリントに変わり始めたころ、ネガの現像の数がずいぶん落ち込み
安定した現像をするためわざわざ店のフイルムを感光させて機械に通していたのだと
(現像の機械はフイルムを定期的に現像しないと安定しないそうなのです)
栃木のサトーカメラを思い出しました
ネットでいつだったかサトーカメラさんの記事を読んだのですが
お年寄りや女性などカメラが苦手な人にも徹底的にその人の見になって説明し
その人に合ったカメラ選びをするあるいみ非効率的なカメラ店なのです
サトーカメラ社長の理念、友人・家族・仲間との楽しい思い出を綺麗に残す
まあほかにも写真を楽しみにしたいとかもあるのでしょうが
要はお客さんの喜び、楽しみの手助けをするということでしょうか
ワタナベカメラさんも仕事に関してはとても職人気質な厳しさを感じましたが
それだけではなくお客さんの写真を大事にしているように感じました
其の一枚はその人がいいなあとか、きれいだなあとか何か感じて撮った一枚でしょうから
お店は写真好きな方々の広場になっているらしく
いろんな年代の様々な方々が集まるそうです
僕はネガ現のみだったのでプリントしてもらいませんでしたが
またいつか是非お願いしたいなあ
f0092174_234448.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-08 23:04 | Trackback | Comments(0)
chicken
仕事がゆっくりしているのでプレオープンしたお友達のカフェに行ってきました
台湾の話なんかで楽しく過ごしました、以前紹介したc-fieldさん
お酒もだしてくれるようになるらしく楽しみだ
帰りは運動の代わりに昭和町から天満橋まで歩いて帰りましたが、いろいろ発見がありました
谷九に見つけたドラム専門店、やっていけるのだろうか
もう一つは前から気になっていた「ジョニーの唐揚げ」
松屋町にお店があるのですが、谷町沿いにもお店ができていました
そして上本町にも唐揚げの専門店がありました
「chicken野郎!」ちらっと覗きましたがお客さんはいませんでした
このネーミング、どうなんでしょう?
意味わかっているのだと思いますが
写真は大阪城公園、久しぶりに昨日の夜撮影に行きました
紅葉を撮りにいった訳ではないのですが
ジョギング中に気になった場所がいくつかあったのです
f0092174_22553130.jpg

[PR]
by runningtoto | 2011-12-05 22:55 | Trackback | Comments(4)