<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
superfly
お友達に教えてもらったSuperfly。名前しか知らなかった僕ですが、聞いてみるとなかなか良い。
車でガンガン聞くと気持ちよかったりする。声量もあるし声質に日本人離れしたものがある。
メロディーがキャッチーなのは、そういうのも僕はすきだったりするので良しとして。
しかし、いかにもJ-POP的なアレンジはちょっとがっかりな部分。
シンガーとしていいのでこういう売れる曲をずっとやって行かなくてもやりようはいろいろあるのではないかと感じたりする。
これからが楽しみなはずだけれど、2枚目のアルバムより断然1枚目のほうがよかったのが少し気にかかる。
f0092174_06309.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-28 23:48 | Trackback | Comments(2)
Six
コム・デ・ギャルソンが大阪に作ったギャラリーSixに行ってきました
SixとはSix sense、第六感のことだそうです
お友達に森山大道さんの展覧会がSixであるよと教えてもらったのです
小さな空間ですが美術館レベルの展示で満足度はとても高いです
大道さんの写真も30年前に北海道を撮影されたもので、森山大道ワールドを
存分に味わうことが出来ました
ギャラリーの方にまたDMをお送りしますのでというので書いたら
小さなサイズながら3cmも厚みのある今回の展覧会の図録をいただきました。ラッキー
また、展覧会のチラシもレコードサイズの四角形で森山さんの写真が大きくプリントされております
あんまりきれいなチラシなので家に貼ろうと思いながら泣く泣く折り曲げてもって帰りました
お金持っているところはやっぱりやることが抜かりなくてすごいと感心させられました
興味のある方は是非
f0092174_0434858.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-27 00:39 | Trackback | Comments(4)
テイラー・スウィフト
確かグラミーをとったとかで気になってましたし最新アルバムは気になってました
カントリーシンガーとしてかなりの人気ですのでこれは聞かないといけないぞと
無難に結構いい感じでした。キャッチーで聞きやすい
曲はギターで作っているでしょうし、ギターを弾きながら聞くととても合わせやすい
いいのだけれどもっとカントリー路線でやっているのを聞きたいなあ
多分違うアルバムであるのでしょうね
僕は70年代のハルニーダムのカーアクション映画をたくさん観たせいかわかりませんが
男女関係なくカントリーシンガーの声が好きです
最近は僕の第二次70年代ブーム
モータウンサウンド的なのが多いですが、いろいろ又聞いてます
f0092174_019852.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-23 00:19 | Trackback | Comments(6)
東京の仕事先の方が大阪に来られるたびスイートなお土産を持ってこられて
今回は僕のプリン好きをきいてマンゴープリン、そのまえはごまたまご
美味しくいただいてばかりでは申し訳ないと
五感の黒豆ルーロをお土産に差し上げました(ルーロはフランス語で巻物のこと)
男同士でこんなことやって喜んでます
次回はどんなのでビビらせてやろうかなんて考えると楽しくなってきます
さあ君も僕らの仲間に入らないかい
f0092174_2154566.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-20 21:54 | Trackback | Comments(0)
女の子男の子
お友達のやっているダンススクールの合同発表会があり覗いてみた
幼稚園年中ぐらいの子から中学生くらいの子までいたけどみんな楽しそうで良かったです
僕はすっかり父兄のエリアでその中に馴染んでいました
男の子はすくないだろうと思っていたけれどほんとにちぃちゃい子で数名いた意外はいませんでした
ダンスは小学生くらいまではピアノみたいに女の子のやるもので男の子的には興味がないのだろうなあ
きっと僕が高校くらいにピアノが弾けたらなあと思ったように男の子はもっと大きくなってから興味を持つのでしょう
もっと早く始めておけばとか、その時思うのかなあ
がんばれ男の子
f0092174_013964.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-19 00:01 | Trackback | Comments(0)
レスラー
ミッキーローク、どこに行ったのかと思っておりましたらこんなところにおりました
昔はスター選手だった中年のレスラーをまさに自分自身と重ねるように熱演しております
一言で言うとダメダメな人なのですが、たった一人の肉親である娘との断絶
リングにしか居場所のない刹那さが伝わってきます
僕がいいなと思ったのはレスラーの仲間たちで、悪役レスラーたちがスター選手にとって少しでもいいショーに
なるよう懸命に悪に徹します
リングから降りると先輩レスラーを心からリスペクトしてますね
ファミリーです
痛々しい(見た感じも)お話ですが、後味は悪くありませんでした
写真は元永紅子さんの作品
f0092174_2234144.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-16 22:04 | Trackback | Comments(0)
忘れ物
仕事から帰って来てビルの地下で荷物をおろし
メールの返事を書いたりしているうちにすっかり忘れてしまい
ウトウトしていたらピンポンがなりました
ビルの管理人です。シャッターそろそろ締めるけど車置いたままになってない?
ハザード出しっ放しで3時間くらいおいたままになってました
まあ以前近所の道にに1日以上わすれてたことにくらべたら
どうということもないでしょう
二度あることは三度あるのかなあ
写真は元永紅子さんの作品
f0092174_22322751.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-12 22:32 | Trackback | Comments(2)
愛のむきだし
お友達に進められて観ました
おもしろい、4時間もあるけど。前半、後半のおもしろさの意味合いはずいぶん違っていた
でも話はしっかりとつながっていて後半の伏線となっていたと思う
エロやB級映画的おちゃらけ感がだめなひとはだめだと思うけど僕ははまりました
新興宗教に主人公ゆう君はハマラなかった、それに前半で実にのほほんと罪を犯したりする
やはり亡くなった母親に愛されていたという実体験があるからなのだろうなと
逆に新興宗教に入って行った人たちは映画の中の言葉を借りるなら空洞があったわけで
あとコリント人への手紙(結婚式とかでよくこれを話します)を洋子が絶叫暗唱するシーンは圧巻
頭では愛を完全に理解している彼女だが、いかに心がそれを喝望しまた感じられていないかを
表現した名シーン。ここもむきだしかな
草食系ゆう君の配役がとてもよかった、ほかの女優陣もそうだけれどすばらしい体当たり演技
ゆう君もむきだしたけど、予想はしていたけれどやっぱりそこかと
しかしそれも含めても納得させられる、ものすごいエネルギーが映画にあった
最後にゆう君の不良友達。あんなともだちええなあ
写真は元永紅子さんの作品です
f0092174_3281985.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-09 03:35 | Trackback | Comments(2)
アンヴィル
メジャーになれなくとも30年も活動をつづけているメタルバンド、アンヴィル
ヨーロッパツアーのダメダメ加減や副業は50才には辛いだろーな
いい意味にも悪い意味にも上手に編集されているドキュメントで
飽きずに見ることは出来た
しかしあえて言わせてもらえば、これは大人になりきれない人の話ではないだろうか
編集された映像の断片を観たにすぎないので違う側面もあるのかもしれないが
給食の仕事をクソ呼ばわりしているがこんな音楽中心の生活のおっちゃんにも仕事があるなんて
じつにありがたいことだと思うけど
家族や仲間や周りへの感謝の気持ちが言葉には出していても
なんだかそれが薄っぺらいものに感じる
また自分の作る音楽を俯瞰で冷静に観れていなくて独りよがりだ
まあ今映画になったことで世界中のメタルファンが聞いてくれるのかもしれないし
彼ら的にはその辺は一番よかった点なのだとおもうけど


f0092174_20525871.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-04 20:53 | Trackback | Comments(2)
さくら
今日は温かったですね、久しぶりに大阪城の周りを走りました
あたたかいのは体の故障も少なくなるし汗もしっかり出て実によろこばしい
大阪城公園の桜は知らないあいだに5分咲き、所によっては9分咲きになってました
お友達と寒い寒いと言いながら流星群を見たのがついこのあいだのようです
天候は崩れ気味ですが満開までもう少し
いつもは夜に走るのですがこんどは昼間に走ってみようかな
f0092174_0203775.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-04-02 00:20 | Trackback | Comments(6)