<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
季節
あんまりご飯をしっかり食べていなくて、最近また寒いなあと思っていたら
しっかりとお約束のように熱が出ました
大阪城周遊jogをさぼっているのも抵抗力低下の原因のひとつかも知れません
そんなときにお友達がモロゾフのプリンをもってきてくれました
ありがたやありがたや
微熱の残る体にはプリンがとってもよくききます
明日はがんばって復活します
f0092174_23372668.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-30 23:37 | Trackback | Comments(2)
僕は楽しい夢を見るのを楽しみにしているのですが、まあまあの作品が出てきました
メモ用紙をまくらもとの置いてないのであまり覚えていないです
平泳ぎはできてもクロールが苦手な僕ですが夢のなかでは
ものすごいクロールをしてまして、腕の回転が見えないほどです
ラジオ体操の肩の運動みたいに方全体をグルグルまわす感じで
そして体は徐々に水面から浮き上がり、腕先と足先以外は水についておりません
それは正に水中翼船の状態でした、イラストで書くとよくわかるのになあ
真央ちゃん、ミキティよかったね

f0092174_23563157.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-28 23:56 | Trackback | Comments(0)
radiko.jp
試験的ながらradiko.jp、ネットラジオ(リアルタイム)が始まりました
夢のようです
僕のところは特にAMの電波が悪くこれまで感度の良いラジオを買ったり、AM用室外アンテナの設置を
考えたり、あたまを悩ませておりました。
浜村淳もこんちはコンちゃんもオールナイト日本も、サイキック青年団は終わったけど
テレビをあんまり見ない僕にとっては大事な情報源なのです
802とは音楽の趣味が合わないので仕事中にもとてもいい
お客さんのいるときはAMって、はずかしいのでやはりかけませんが
確か試験放送なので夏くらいまでらしいですが
僕は継続を願って直訴しますぞ
f0092174_2335754.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-23 23:34 | Trackback | Comments(4)
アイーダ
お友達が急に行けなくなったのでオペラのアイーダを見てきました。四季ではありません。
本格的なオペラは初めてです。人間の声があんなにパワフルで繊細で美しいとは驚きです。オペラの威力に鳥肌が立ちました。楽器に負けておりません。
前半はかなり力強い表現で楽しかったのですが、後半詩的なソフトな表現にはいると睡魔とたたかわなければなりませんでした。
圧倒的にお客は女性が多いのですが衣装やセットなんかのすばらしさなども魅力なのでしょう。
前日はピアノのコンサートを見に行き。今日はオペラ。連休はじつに文化的な休みとなりました。

f0092174_22464093.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-22 22:46 | Trackback | Comments(0)
インビクタス
クリントイーストウッドの新作を見てきました
最近の映画製作のペースの早さや作る映画のテーマから
まるでこの人は映画で自分の遺言を書いているかのようにも思える
今回イーストウッド自身は出演していないのだがテーマとしては
最近のほかの作品と近いものがあるのでは
映画のなかの役柄がそのまんまイーストウッド自身の心持ちを表現していて
若い世代、次の世代に何を伝えて残してやれるか
インビクタスではラグビーチームのキャプテンがそれに応えることになる
ここまで書くとネタばれになりますね
ラストの試合のシーンはなかなか熱くなりました
何故か僕はシルベスタースタローンの「勝利への脱出」を思い出しました
f0092174_2054525.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-16 20:54 | Trackback | Comments(4)
10玉
お友達の仕事をほんの少しだけ手伝ったお礼で彩華ラーメン(天理本店)をごちそうになりました
男子3女子1の4人で行ったのですが、この日は4人で10玉食べるという縛りがありまして
僕たち男子は1200円の3玉をたまごトッピングでいただきました
これはドンブリから異常にでかく、割り箸がミニサイズに見えます
しかしニンニクの効き具合、白菜のうまさなど絶妙のバランスで彩華のどの支店よりおいしい
僕は食べるのが一番遅かったのですが完食
Sirの称号をいただきました
めでたし、めでたし
f0092174_10254230.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-09 10:25 | Trackback | Comments(6)
伊勢へ
取引先の会社の社員旅行で僕も連れて行っていただきました。ありがたや。
お伊勢さんは小学校の修学旅行以来でほとんど初めての感覚です
雨にぬれる伊勢神宮は太古の日本を感じさせます
まるでここだけずっと何も変わらずにいるかのようです
日本人としてはやはり厳かな気持ちになりますね
お昼のあとは鳥羽水族館へ、セイウチショーが実におもしろい
とても賢いとは思えない顔をしているのにあんなに技があるとはおどろきです
いいものを見せていただきました
社員旅行、いいものですね

f0092174_13481343.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-08 13:48 | Trackback | Comments(2)
ナニワネジ 御客様のニーズに応える万全の体制
椅子のネジがなくなってを探しに行く
びっくりしました
お店でネジを見せると、アジア圏の椅子のネジだなと。
ネジを見ただけでわかるんですね。
このかたはなんとこの道50年のベテランなのです。すごい、何歳からやってるねん。
あまりにおもしろくてずっとこのおいちゃんと喋っていました。
ネジを買いにいっただけでこんなにも楽しい経験が出来るなんて儲け物です
おいちゃん、これからもお元気で。
写真はTOMO DANCE STATION MISSさん
f0092174_122732.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-03 01:02 | Trackback | Comments(4)
君の涙ドナウに流れ
お友達が是非おすすめといってDVDを貸してくれました。なので感想など。
冷戦時代のハンガリーの物語です
ソ連軍、つまりは共産主義との戦いとオリンピックの(水球)戦いとをうまく絡めています
オリンピックの決勝でソ連とハンガリーがぶつかるところは手に汗握り応援してしまいました。
シルベスター・スタローンの映画、勝利への脱出を思い出しましたね
ヨーロッパの国々とちがって何度も侵略されたり自由を奪われたりした事のない
島国日本人としてはなかなか実感しづらいものがありますが
国を奪われ、家族を奪われる苦しみは映画のなかで十分に語られていたように思います
国のため戦うという事が思想的な意味よりもむしろ自分のごく身近な家族や仲間をまもるというところで
描かれていたので、見ているほうも実感しやすかった
ハンガリーの革命軍が次々倒れて行く場面はつらかったな
一つ気に入らないのはこの日本語タイトル。安っぽいなあ、テレビドラマみたい。
ほんとのタイトルはドイツ語?だったので意味がわかりませんでした。
写真はTOMO DANCE STATION EMIKOさん
f0092174_0482623.jpg

[PR]
by runningtoto | 2010-03-01 00:48 | Trackback | Comments(0)