<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
箱の中の女
音楽劇「箱の中の女」をお友達のつてで観に行った
一青窈のライブに劇をくっつけたかたちで、結構楽しめた
肝心の音楽がカラオケバレバレなのが悲しかったけど
限られたセットの中でどれだけいろんなバリエーションがだせるかの鍵となる
舞台照明にすごく興味を持った
実際ライティングでうまくその場の雰囲気を表現できていたとおもうし
写真と違う光源が被写体からかなり離れたライトというのが普段僕がやっていることと
かなり違うことだった
おもしろいなあ
f0092174_1801390.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-30 18:15 | Trackback | Comments(0)
僕は恥ずかしながらマドンナの声が好きで、力んだときになるちょっとしゃがれ声な
ところとかもかなり気に入っている
日本人ではこれもはずかしながら杏里の声もお気に入りだ
あとやはり外せないのはカレンカーペンターだったりする
冬場はケルティックウーマンの声に癒されている
テリーデザリオというPOPシンガーにもハマっていたな
マラゲッツというちょいと危険な感じの名前の歌手も好きだった
でも関係ないけどアニメ声には何の感情も感じないなあ
f0092174_23475370.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-25 23:47 | Trackback | Comments(2)
言葉
このまえお友達の家によったとき、ある発見をした
2才のおこちゃまはまだしゃべれないけど
パパやママに言われてることはちゃんとわかっている
僕は言葉が出るようになってからいろんなことを理解していくのかと思っていたけど
そうではない。人間には相手の言うことはわかるけど自分では言葉で言えない時期があるのだ
その2歳の子は何度か会っている僕とはじめて会う人とは違う反応をする
覚えているのだろうか?半年以上前のことを。
ちがうお友達のとこのニャンコも僕のことを覚えているけどそれとはまた違うのか?
きっと子供の頃は雰囲気や匂いや声のトーンなんかを大人よりたくさん感じているのでは
なまじ大人は頭が動くものだからものを分類したり簡略化したり
本当にそれを感じる能力を失っているようにも感じる
血液型や星座に惑わされずその人を見ていたい
f0092174_041851.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-24 00:41 | Trackback | Comments(2)
ラード
濃いギャグを言うのでそんなふうに呼ばれるラード君のグループ展を見に行った
彼と知りあってから20年ちかくなる。その20年前の仲間と一緒にみにいったので
何とも懐かしいひと時となった
ラード君は毎日ランニングをしているそうで精悍な顔つきになっていたが
気さくでマニアックなキャラは変わりなかった
f0092174_23193153.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-21 23:19 | Trackback | Comments(2)
植村直己冒険館
神鍋のリゾートホテルの撮影の合間にデザイナーさんと行ってみた
僕は昔貧乏旅行をして写真をとったりしていたのでこういうことに興味があるのだ
植村直己のことをあまり知らなかったこともあり展示も映像もどちらも楽しめた
植村さんが担いでいたのとおなじ25kgのザックを担いでみたがゆっくり前屈みになって
立ち上がるだけで一苦労だった
客が僕らだけだったこともあるだろうが係の女性がつきっきりで説明をしてくれて
形式張ってない話し振りと明るさに大変癒された
きっと冒険や登山、もちろん植村直己さんに興味のあるひとなんだろうなあと感じた
帰りの車でほんとに行ってよかったとデザイナーさんと確認し合った
f0092174_16133022.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-20 16:13 | Trackback | Comments(3)
転々
何が良いというというとうまくはいえないのだけど
なんかいい感じの映画だった
三浦友和がいいオヤジぶりをしていてそこは特によかった
映画の中で家族?でカレーライスを食べるシーンがあり
今日はたまらずカツカレーを食べてしまった
かつカレーはカロリーの高い恐怖の食べ物だけどもやっぱりうまい
一人暮らしでカレーなんぞ作ると無限におかわりしてしまうので封印していたのだ
明日から山ごもりして仕事なので
しっかり動いてカロリー燃焼するぞ
f0092174_2338786.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-15 23:38 | Trackback | Comments(0)
善き人のためのソナタ
最近見た映画の中ではかなり良かった
映画の中でベートーベンのピアノソナタの「熱情」が大きなキーポイントとなるのだが
映画の翻訳ではこの曲を「善き人のためのソナタ」と訳していた
ひょっとして外国ではこういう風にいわれているのでしょうか?
正式にはピアノソナタ23番とかなんだろうし
映画で見ると昔話のようなきになるけれど
この映画のドイツが壁でわかれていたころとはほんの少しまえ、いや
ついこないだの話だ
そう考えるとこわいなあ
f0092174_2381962.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-07 23:08 | Trackback | Comments(0)
ブラジル
兵庫県立美術館で「ブラジル×Japao 旅が結ぶアート」という展覧会があり招待状をいただいていたので、見に行ってみた。
特に良かったのが日本の白髪一雄さん、あと違う企画だけれど1Fでやっていた東山嘉事さんの特集。
会場ではユーモアあふれる彼のトークイベント?の映像をみることができ、衝撃を受けた(いろんな意味で)
なぜか撮影オーケーだったのでいっぱい写真を撮った。これが一番おもしろかったかも。
f0092174_165613.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-03 01:15 | Trackback | Comments(0)
B1
うちのビルのB1はずっと空いていたのだけれど
新しく和食料理店がオープンとなった
今日は試しにランチをそこで食べてみたが、これがなかなか美味しい
気持ちお高い値段設定のようだけれど十分満足だ
先週に特濃とんこつラーメンに惨敗した僕にはぴったりな味付け
しかしスキャナーが調子悪くフイルムスキャンがうまくいかない
まいったな
f0092174_0434385.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-12-02 00:43 | Trackback | Comments(0)