プカソンコ
何年ぶりかにお友達のセルソカサレスさんにお会いしました
彼はプカソンコという(ケチュア語で温かい心という意味)フォルクローレバンドの
リーダーをされてます
今日はアルパというハープのような楽器を路上で演奏されているところを
偶然通りかかりました
僕は彼の友人の兄弟のおうち(ペルーのクスコ)でホームステイしたこともあり
また、仕事で彼らのバンドのライブも撮影しました
いろんな思い出がよみがえり、とっても懐かしかったです
北区の堂山で名前のまんまプカソンコというお店をされているそうです
またそこにも足を運んでみたい
f0092174_23414918.jpg

[PR]
by runningtoto | 2008-06-04 23:41 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://runtotorun.exblog.jp/tb/8294431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by demachi at 2008-06-05 20:10 x
ケチュア語って、ペルーの言葉なんやろか?ペルーはスペイン語が一般的だと思ってたけど、やはり多言語の国家なんかな?興味津々。どんなことばなんでしょう?
Commented by runningtoto at 2008-06-08 23:15
demachiくん久しぶり。確かにスペイン語が共通語だけれども、それはスペインに征服されてからの話で。僕はよくはしらないのだけれどももともとある現地の言葉なんじゃないでしょうか?すんまへんちゃんと答えられまへん。
<< 江戸 大阪城公園 >>