風景
今日は写真の相談に来られた方がいたのですが
話しをするうちになるほどな、ということがありました
その方を含めて、写真教室では風景や建物(旅行先)を綺麗に撮りたいという方が
たくさんおられます
で、実際撮ってこられた写真を見て、僕からは特に問題ない写真である事がよくあります
しかしながら本人は、何が悪いかはわからないけれどダメだというのです
要は自分の目で感動した感覚と写真が全く違うという事なのですね
人の目は実際はかなりの広範囲を感じながら観てます
広角ですね
また、全体を視野に入れつつも屋根の飾りや壁の装飾などいろんなところに視線は行きます
望遠ズームですね
これを上手く表現するには、映像のほうがいいのではと思いました
ブワッと全体をパンして、レポーターの驚きの表情をとらえ
細かい部分のアップを入れて、みたいなことのほうがしっくり来そうです
もし写真でやるなら、寄りや引き何カットか撮る事で表現するしかないのでしょうが
あと、もうひとつ言える事は良い写真は大きくして見るということです
どんな迫力のある写真もカメラに付いているモニターなどで観たのでは伝わりません
iPhoneやカメラのモニターで見るのではなく、せめてパソコンで見る習慣が大事かもしれません
PS.写真は先日撮影した伍々慧さんのもの
あんまりたくさん公開すると怒られるのでこれで最後にします
これが僕の一番のお気に入りです
f0092174_21584675.jpg

[PR]
by runningtoto | 2015-01-31 21:58 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://runtotorun.exblog.jp/tb/23618912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by demachi at 2015-02-08 07:12 x
お悩みの質問者の件、なんだか自分の悩みと同じようで、大変興味深く思いました。それに対するお答えも、納得です。人間の目の見ていることって実はすごい。もう少しカメラ上手くなりたいなと思っている今日この頃。上手い写真撮ろうと肩肘張らずシャッターを切ろうと思いました。
Commented by runningtoto at 2015-02-08 21:56
demachiくんお久しぶりです、元気ですか
いつもありがとう
僕は仕事の写真を24インチのまあまあ大きいモニターで見て仕上げているのだけれど、そんなに大きく印刷される事は少なくて10cmくらいだったりもっと小さく3cmくらいだったりもします
画像を調整するのに必ず使われる原寸(10cmとか)にしてチェックします
それは見る大きさで人の感じ方が変わるからなのです
風景や建物は出来るだけパソコンや大きなプリントにしてみる事をお勧めします
カメラのモニターでは、ただの空があって建物があってという図柄になってしまう
写真のコンテストではたいがいA4からA3くらいのサイズで応募するところが多いですが
そこそこ大きくないとわからないからなのですね
なかなかめんどくさい事かもしれませんが、習慣づけると写真の見方や見せ方がグッと良くなると思いますよ
僕もちょびちょびですがずっと勉強してます
<< 落とし物 gogo! >>